アメリカをはじめヨーロッパからの直輸入品情報や仕入れの仕方と海外に行く方法。入荷したパソコン・スマートフォン・タブレット・ハイレゾ音楽プレーヤーなどのレビューや、修理や設定に関するお役立ち情報を配信。

札幌のリサイクルショップ 買取のアレイズオフィシャルブログ

AV機器

AKG N40 レビュー

投稿日:

1月15日は歴史上では皆さんご存じのように1181年に平清盛の五男平重衡が東大寺・興福寺を焼き払った南都焼討の日として有名です。

南都というのは今の奈良になり、国家仏教の総本山として興福寺・東大寺等を初め薬師寺・大安寺・元興寺・西大寺そして法隆寺をいれて南都七大寺といわれて勢力を誇っていました。

南都七大寺はもともと国家の庇護の元に発展していましたが、時代が下って平安時代の末期になると特権意識をもち、時の調停に対しても政治的要求や特権を得るために度々強訴を行いました。

強訴とは神輿を先頭に調停に押しかけて要求をのませることで、神様を先頭に立たせているので当時の人には対抗することが出来ませんでした。

当時の調停を守護していた平氏とは度々、強訴などにより争っていました。

平清盛が太政大臣になって平氏の全盛時代が来ると当然既存権力を持っていた勢力は面白くなく、その中に南都の勢力も入っていました。

源頼朝が挙兵して富士川で平氏の軍勢を破ると、それまでなりを潜めていた南都勢力も平氏に対して抵抗を始めました。

それに危機感を持った平清盛は平重衡に命じて南都を攻めさせました。

当時の戦争では火をかけるのはごく普通の戦術でしたが、東大寺大仏を初め多くの建造物が焼けてしまったのは火をつけた平氏もびっくりの結果になったようです。

結局、平重衡は南都の恨みを買い源氏に敗れて捕虜になり平氏が滅びた後に南都の東大寺に引き渡されて斬首されました。

AKG N40

ハイブリッドドライバヘッドフォンは主要なオーディオ会社から販売されていますのでイヤホンでは主流になっています。

ほとんどのメーカーは、より高度なIEMのために複数のバランスドアーマチュアまたはマイクロドライバを採用していますが、AKGはバランスアーマチュアとダイナミックドライバの両方を使用してN40に電力を供給します。

 

AKG N40はAKGの名器と言われるイヤホンK3003から多くの要素を引き継いでより低価格な価格で購入できるイヤホンです。

AKG N40レビュー

AKG N40の箱は裏側の切り抜き部分にイヤホン見えるようになっています。

イヤフォンを見せるのであれば正面でない理由はわかりません。

箱の中にはイヤピース33種類(L、S、XS)とクリーニングツール、キャリングケース、メカニカル・チューニング・フィルター収納プレートと飛行機で使用する航空機用変換プラグ。

 

設計

 

 

N40はかなり標準的なIEMですが、コネクターはMonexケーブルで、これはWestoneのBluetoothケーブルなど、数多くのブランドのアクセサリーと互換性があります。

ケーブルの設計に関してはケーブルは3.5mmジャックからケーブルの分割までのナイロンで、その後はプラスチックがコネクタにつながります。

リモコン付きのケーブルには、iOSとAndroidの互換性を切り替えるスイッチがあるため、デバイスの互換性について心配する必要はありません。

N40の特徴としてイヤホンのノズルは取り外し可能で、さらにカスタマイズされたリスニングを提供するために追加の2つのフィルタが付属しています。

これはと言ってフィルターを取り替えるとデバイスとの相性や好みに合わせることが出来ます。

メカニカル・チューニング・フィルターには

「BASS BOOST」

「REFERENCE SOUND」

「HIGH BOOST」

の3種類で「BASS BOOST」にすると低音が効き、「HIGH BOOST」にすると高音が目立ちます。

N40のメカニカル・チューニング・フィルターを使用すると、音質が暖かくなります。

詳細な色調にもっと焦点を当てながら、多くのイヤホンが再現できない充実した存在感があります。

N40は、高解像度でレンジの大きな周波数応答によって情報量が多く、多大な音楽性を持っています。

電気的なネットワークを排するためにBA+ダイナミックのハイブリッド型を採用しているので、音の自然なつながりが特徴です。

視聴に関しては最もニュートラルの「REFERENCE SOUND」メカニカル・チューニング・フィルターにしています。

低音域

N40はリファレンスフィルタをオンにすることによって低音域で優れた処理を行います。

細部までなめらかに再現しますので、ロックやジャズなどのコンテンツに良い相性を持っています。

ほとんどのコンテンツでディテールが失われることはありませんが一部のトラックでは少し強く感じることがあります。

ただし、低音が全面に出ているわけではなく豊かな低音になります。

中域

中域はやや柔らかくなります。ボーカルはきれいにしっかりと聞こえます。

表現力や音の厚みはとても良いと思います。

ただし、低音がちょっと前に出ているせいかちょっと奥まって聞こえるかもしれません。

これはソースのせいかもしれません。

高域

高音域はかなりきれいになり、中域から上はとてもクリアで解像度は高いと思います。

N40は、複数のジャンルに対応し豊かなリスニング体験を体験することが出来ます。

バランスフィルターには、イコライザーによって替えるよりも自然な感じがしますので多くの人にとって魅力的な要素です。

AKG N40は音質面では中期に比較して高音と低音が前に出ていています。

しかし、それがとても上品で綺麗に聞こえるため、どちらかというと楽器をメインに聞きたいと思わせるイヤホンです。

N40はAKGの長い歴史の中で培ったノウハウを受け継ぎながらAKGとしては初めての耳掛け方式を採用したり、ケーブルを交換できるためカスタム性が高く、また安心して使っていけるようになっていたりと挑戦的なイヤホンになっています。

-AV機器

Copyright© 札幌のリサイクルショップ 買取のアレイズオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.