アメリカをはじめヨーロッパからの直輸入品情報や仕入れの仕方と海外に行く方法。入荷したパソコン・スマートフォン・タブレット・ハイレゾ音楽プレーヤーなどのレビューや、修理や設定に関するお役立ち情報を配信。

札幌のリサイクルショップ 買取のアレイズオフィシャルブログ

AV機器

Klipsch X12iNeckband Bluetooth レビュー

投稿日:

1月27日は歴史上では皆さんご存じのように1142年に南宋の武将である岳飛が宰相の秦檜によって謀殺された日として有名です。

当時の南宋は元になった宋の領土のうち北半分を女真族の金に侵略されて領有されていました。

南宋はいわば亡命政権で金の侵略に抵抗し異民族の金に支配された中国の領土を回復することを国是としていました。

異民族に抵抗したこの時代の武将は中国でも抗金の名将として中国で人気のある人が多いのですが、岳飛はその中でも最も人気があります。

岳飛は中国歴史上で最も人気があり、誰もが知っている歴史上の人物です。

なぜ、岳飛が無実の罪を着せられて忙殺されたかについては、南宋は失地回復を国是としていると記載しましたがそれはあくまでも建前で平和を欲していました。

特に当時の皇帝である高宗は戦争を嫌い、屈辱的な条件でも停戦することを欲していました。

その意思を受けた秦檜は金との和平交渉を進めますが、抗戦派として最も人気、実力のある岳飛がいると実現することが難しい状況でした。

そこで、岳飛を拘禁し和平が成立した後に殺害を命じました。

その事は事前に高宗に了解を取っていましたので、実際に殺害をしたのは高宗ということになると思いますが、民衆の憎しみは秦檜とその妻に集中し

今でも岳飛を祭った岳飛廟の前に設置されている秦檜とその妻2人の像につばをかけられています。

Klipsch X12iNeckband Bluetooth レビュー

Klipsch(クリプシュ)はアメリカで70年以上の歴史を誇る老舗のオーディオブランドになります。

Klipsch(クリプシュ)が2016年末に発売したのがKlipsch X12iNeckband Bluetoothになります。

 

 

Klipsch X12i Neckband Bluetoothは、ネックバンドデザインを採用したX12iは、アメリカでは399ドル、日本でも4万円弱で販売されています。

KlipschはローエンドのX6iネックバンドモデルの上位機種としてKlipsch X12iNeckband Bluetoothは、同様の印象的な雰囲気を持っています。

頑丈なケースに収納され、ヘッドホンにはマイクロUSB充電ケーブルが牽引され、ジッパー式のキャリングケースと交換用のイヤーチップが搭載されています。

軽量ながら、Klipsch X12iNeckband Bluetoothは本革を使ったネックバンド部分が高級感を出しています。

クリップシップの楕円形のイヤーチップは今までと同じくらい快適で、ネックバンドは襟首に軽く乗っています。

バッテリーの寿命は連続使用の18時間(もちろん、再生音量にもよる)で日常の使用では十分な性能になります。

また、Klipsch X12iNeckband Bluetoothは着信のためのバイブレーションを備えています。この機能は、ネックバンドの下側にあるスイッチを使用して消音することができます。

仕様

周波数範囲:5-19,000 Hz
インピーダンス:NA
音圧レベル(SPL):NA
全高調波歪み(THD):NA
Bluetoothバージョン:Bluetooth 4.0

Klipschはスペックに関して多くの情報を公開することはしていません。

全高調波ひずみは非常に低く、恐らく0.2%以下に上ります。音量は十分で、SPLは約115dBのようです。

音質

低域

Klipsch X12iNeckband Bluetoothは低音域でもでまともなレベルのディテールを提供します。

概して、一般的な精度感覚が周波数範囲のこの部分に広がっています。

中域

中域では、サウンドは豊かで充実していています。

高域

ハイエンドは初めは明るいようですが、視聴を繰り返すとスムーズな高域が得られ、細部のバランスが巧みになります。

インストゥルメンテーションとボーカルの両方を簡単に扱うことができるこのスムーズなハイエンドは、ディテールが重い低音や中域を引き立てることが出来ます。

サウンドステージ

遠い奥行感と窮屈な配置感が組み合わされて、畳み込まれたサウンドステージを形成します。Klipsch X12iNeckband Bluetoothが素晴らしい音楽を作り出しているのは明らかですが、クラッシックを聴くとバイオリンはピアノの上方でなっています。

言うまでもなく、Klipsch X12iNeckband Bluetoothはあまり複雑でない曲に関して音質は良いと思いますが、クラシック等には向いていないと思います。

Klipsch X12iNeckband Bluetoothは接続性に問題があります。

私は自分の電話から4m程度の接続域で、接続して失敗した。通勤のために使用するヘッドホンとしては推薦することができますが、部屋などを掃除している時にはあまりおすすめしません。

Klipsch X12iNeckband Bluetoothには豊かで細かい音が溢れています。。

推奨事項

クラシック音楽用としてこのイヤホンを使用している場合は、Bluetoothの全般的な流行をスキップし、Westone UM Proシリーズを選択してください。

これらのイヤフォンはクラシック用に設計されているようです。

もちろん、クラシック音楽のみを聞くだけで、Bluetoothイヤホンがあれば、他のどのモデルよりもX12iのほうが優れています。

十分なディテールと正確な感覚で、欠けているサウンドステージは、特に軽量化と長時間のバッテリ寿命を考えると十分に魅力があると思います。

Klipsch X12iNeckband Bluetoothは複雑な楽曲と組み合わせると面倒なことがあるかもしれません。しかし、その軽量設計、大きなバッテリー、洗練された外観、豊かなサウンドは、現在利用可能な最高のBluetoothモデルとしてこのヘッドフォンをお勧めします。

-AV機器

Copyright© 札幌のリサイクルショップ 買取のアレイズオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.