アメリカをはじめヨーロッパからの直輸入品情報や仕入れの仕方と海外に行く方法。入荷したパソコン・スマートフォン・タブレット・ハイレゾ音楽プレーヤーなどのレビューや、修理や設定に関するお役立ち情報を配信。

札幌のリサイクルショップ 買取のアレイズオフィシャルブログ

未分類

アメリカのペプシボトルに関する歴史

投稿日:

小さなドラッグストアから、世界最大規模の炭酸飲料を販売するまで、ペプシはその形態を大きく変えました。

ペプシのボトルはロゴ、ラベル、パッケージ、キャニングにいくつかの変更が加えられました。

ペプシのボトルは小さな100 mlボトルから大きな2リットルのボトル、ガラス瓶からアルミ缶、ペットボトルまで、多くのサイズと形状と素材のボトルを販売してきました。

ペプシボトルのパッケージ

ペプシはペプシコ・インコーポレイテッド(PepsiCo)によって製造されています。

PepsiCoは、絶えず最適の包装に関する新しい方法を見つけるために研究しています。

パッケージングは​​2段階のプロセスによって開発されています。

1つは輸送包装です。これは、気候条件による影響を避けるため、化学物質の汚染や製品の盗難や物理的な損傷から十分に保護するためです。

輸送用梱包は、トラック、貨物などで長距離輸送するために行われます。

第2種の梱包が最も一般的です。

それは消費者が手にするときの包装として知られています。

今まで木、プラスチック、アルミ、スチール、紙などの素材を利用して、製品はパッケージにまとめられています。

ペプシはこのパッケージと共に購入されていきます。

 

 

ペプシボトルの歴史

1893年にCaleb Bradhamによって最初にBrad's Drinkとして紹介され、後にペプシとコーラの2つの重要な要素のためにPepsi Colaと命名されました。

現在、ペプシは世界で最も広く認知があり、繁栄しているブランドの1つです。

2009年までに、世界中で約1,080億ドルの売り上げを達成しました。

ボトルとパッケージは​​、ペプシコーラの販売、マーケティング、販売促進において非常に重要な役割を果たしました。

プロセスとパッケージを理解するために、3つの時代に分けて歴史を見ていきます。

 

 

 

1905年から1933年:6オンス。ボトル時代

当初、ボトルは6オンスの重さのボトルで販売されていました。

これらのボトルはガラス製で、ガラス瓶はペプシの地元にある製造業者によって製造されたものです。

ほとんどの場合、ガラス瓶の色と形は製造業者によって決定されました。

ペプシコーラの本社は1923年から1931年までバージニア州リッチモンドで営業していました。

この頃、ペプシは使用できる標準サイズのボトルを製造することを考えていました。

しかし、財務上の問題を含む多くの問題があったため、標準サイズのボトルを製造することは出来ませんでした。

当初から、6オンスのボトルは常に標準サイズになっています。

その頃のボトルはガラス自体に会社のロゴが浮き彫りにされていました。

1934年から1960年:12オンス。

今まで6オンスのボトルを使用していたペプシは1934年に12オンスのボトルを出しました。

この12オンスのペプシボトルは、最初緑色、透明、琥珀色の3種類のビール瓶を使用していました。

すべての瓶にペプシコーラの商標として会社のロゴが貼られていました。

これら初期の12オンスのボトルのほとんどは、紙のラベルを使用していましたが、その脆弱性のために使用されなくなりました

したがって、今となってはビール瓶はすべて貴重かつ希少なコレクターズアイテムになっています。

最初の標準化されたボトルは1940年に導入されました。

このボトルはペプシのロゴををネック部分とボディに紙ラベルで吹き付けました。

ペプシは、ボトルのグラフィックロゴをボトルに直接プリントできる装置を開発しました。

これは第二次世界大戦中から始められました。

これらの12オンスのボトルは、Applied Color Label(ACL)ボトルとして知られていました。

1951年、ペプシコーラのロゴは大きく変化しました。

新しいロゴは今までのロゴと違って滑らかで、両方の言葉の間にハイフンがありました。

これは "ボトルキャップ"の外観を取り入れた新しいロゴで、この新しいロゴはペプシの歴史の中で5番目のデザインになります。この新しいロゴは、1951年から1957年までの標準ペプシロゴになりました。

ボトリングの歴史のもう一つの大きな変化は1958年に行われました。

ボトルのデザインはそれまでと大きく変わっています。

ボトルのデザインは新しく、モダンなデザインでした。

新しいデザインは渦巻として知られていました。その理由はガラスの首の周りで渦巻くようになっているのでその名前が付けられました。

ペプシは1959年から1978年までこのデザインを使用しました。

これは、ペプシ・コーラ社が使用した最後の返品可能のリターナブルボトルデザインとなりました。

-未分類

Copyright© 札幌のリサイクルショップ 買取のアレイズオフィシャルブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.